指切って入院治療してせっかく退院したのに、術後デメリットガチャに当たって再入院になった記録。

 怪我したきっかけ〜1回目の退院まで↓
 

 前回の内容↓


指切ってしまい手術入院してから約2ヶ月。
ひとまず退院してこれからリハビリ本番ってところで細菌感染が発覚し、急きょ再入院してから約1ヶ月弱経ちました。

謎の高熱に1週間近く悩まされ、やっと熱も落ち着いて血液検査の結果も悪くなさそうだからいよいよ再手術できる、やっと振り出しに戻れると思ってたのですが、主治医の先生と話した結果、

 再手術をしない方向で落ち着くこととなりました。

気持ち的にはチャンスがあるんであればもう1回手術して少しでも元の状態に戻したい、近づけたい、と言う想いなのは実はまだ強いのですが。
「再手術する場合」と「再手術しない場合」のメリデメを丁寧に説明いただいた結果、「再手術した方がその後のデメリットがむしろ大きくなる可能性が高い」と言う結論に至りました。


今回、怪我をしたのは左手指で、第1関節を動かす腱が見事に分断してしまい、第1関節を自力で曲げられない状態です。 
ただ、第2関節の腱は異常なく問題なく動かせたり、利き手でもなく、よく使う親指や人差し指でもないことから、まだ生活する上で大きな支障にはならないところです。

そして、今回そもそも「細菌に感染する」と言う珍しい状況にぶち当たって振り出しに戻された上(=感染して手術で繋いだ腱が再度切れてしまう)、高熱で1週間手術ができなかった間に腱や筋肉がどんどん硬くなってしまい、再手術したとしても指がまっすぐに伸びず、結構な角度で曲がった状態が基本となってしまうのがほぼ確実とのこと。
指が曲がっているのがデフォルトになるとポケットに手を入れた時に引っかかりやすかったり、特に女性の場合は「手や指の見た目が美しくない」と言うのを気にすることに。

また、再手術後のリハビリも前回以上にかかる想定だったり、腱を繋ぐ方法も前回とは別な方法になって感染リスクが更に高まること、その他諸々を考えると、「再度手術したのに、十分な満足感が得られない可能性が高い」と言うのが先生の見解でした。


では、手術しなかったらどうなるか?

まず、しばらくは左手指・手首の関節が全体的に固まっているので、リハビリで伸ばしていきます。
実は、今の時点でも治療の都合で指を動かさなかったので各関節が固まってるし、机に手を置いたときに指がべったりつかない程度に曲がっている状態なのですが、リハビリを重ねれば改善されるとのこと。

ただし、第1関節に力が入らないので、握ったときに指が完全に曲がらない、キーボード叩いたり指を使ったときにグラグラするようです。
気になるようであれば、関節を固定して力を入れやすくする手術もできるようですが。
(関節リウマチの患者さんや指を酷使するスポーツをする人は、比較的若い年齢でも関節が不自由になって固定する手術をするんだとか)
まぁ、それは後からでも全然構わないみたいですし、正直今は関節が固まってて、グラグラするイメージが全然湧かないし。

そういえば、ゲームのコントローラーとかボタン操作どうなるんだろう…どれ位不便になるかが分からない…

これがもし切れてたのが第2関節だったら、何がなんでも繋げる手術・リハビリをするようなのですが。 
「不幸中の幸いで第1関節だけだったから、逆にこういう悩みも出てきてしまった」ようです。 

 
個人的に治療・リハビリ期間が長くなることは全然気にしないし、説明を受けるまでは時間がかかっても元に近い状態で動かせるよう頑張ろうと考えてたのですが、対象箇所が「何がなんでも繋げないといけない」場所ではないというのと、

「細菌の感染は落ち着いてきているけど、完全にゼロになったかはまだわからない」
「長期間の治療・リハビリをかけてもまたおじゃんになる可能性がある」
「現在の治療状況が満足度70点として、手術した結果、手術した箇所以外の原因で50点や40点になる可能性が高い」

という整理から、主治医の先生、同科の他の先生、理学療法士、説明を聞いてた看護師含め「これは手術しない方がいいのでは?」 と言う考えに落ち着く結果となりました。

動かないまま、と言う選択を取るのは正直悔しいのではありますが、確かに「針に糸を通すような困難さ」の手術・治療を続けてダメだった時は本当にメンタルやられそうだな、と言うのもちょっとあったり。 

「不幸中の幸いで利き手でなく、よく使う指でもなく、第2関節でもない部分1箇所だけで済んだ」程度でよかった、と思うしかないかな、と気持ちを整理するようにしています。

まぁ、心残りが全くない、とは言えないんですけど。

 
そんなこんなでちょっと心残りはある状態ですが、「入院治療は一段落」と言うことで退院しました。
今回はリハビリはあるものの「固まっている指を戻す」リハビリなので、 生活の制限は特段なく、早々に職場復帰する予定です。


なかなか例がないものですし(そもそも指を切った理由も理由だし)、引き続きリハビリや通院もあるので、しばらくは定期的に状況を報告しようと思います。


とりあえず、入院している間に気温が殺しにかかってきているので、職場復帰は気温と体力との戦いになりそうです。
今年は無理しないで夏を過ごそう…


にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村


気まぐれ日記ランキング