去年からざっくりながらも無駄遣いしすぎることなく貯金や投資をしようと動いているところですが、今更ながらもこちらの本を読み終えました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/6時点)




リベ大両学長の「本当の自由を手に入れる お金の大学」。
貯蓄・投資関連の本では知らない方はいないでしょう。
この本が先か後かは分からないですが、今この手の本もかなり増えましたね。

ネットを中心にある程度家計で手を入れられるところに手を入れ、先取り貯蓄や積立NISAも始めているので、恐らくこの手の本に書かれてるある程度の分は終わってる身ではあるのですが、どれか1つは読んでおこうと思い。
両学長はYoutubeを少々かじっており、「動画をまとめた内容だから動画観れば十分」というレビューもありましたが、結構な本数を上げてるので全部観るには時間がかかるし、移動中に手っ取り早く読める方が良いな、とひとまず本で読むことにしました。

他にも幾つか候補はあったのですが、読みやすさと、ある程度論調を把握してるので「これは自分に合う」「合わない」がはっきりできて逆にいいかな、と。
(特に副業で「せどり」を推してる点については相容れないです。
法律で禁止されてないとはいえ、転売、ダメ絶対。)

流れとしては、支出を減らす→収入を増やす→投資で更に増やす→増やしたお金を守ることで経済的自由(=FIREまではいかないけど)を皆で目指そう、というもの。
特に、動画でもよく話題になる「支出を減らす(細かい節約でなく固定費見直し等)」「収入を増やす(副業等)」を重点的に取り上げてます。
論調の細かい部分は本や人それぞれですが、概ね他も同じ感じかと思います。


これはあくまでも持論なのですが。

不必要な支出を減らすために、日々小さな節約をあくせく頑張るよりも固定費を見直す方が即時性もありは重要だと思いますが、過度なカットはよろしくないかなぁ、と。
特に保険関係は、確かに公共制度である程度負担してくれますが、最低限の生活に必要な部分をカバーしてくれる程度でそのお金だけで生活するにはかなり厳しいですし。
勿論、それだけの貯蓄があるのであればザックリ「保険はいらん」って言えるかもですが、家計見直ししてる段階では貯蓄が足りないかギリギリかのところかと思います。
少なくとも、自分は長期治療になったら手元のお金だけは厳しいだろうな、と。
仕事も続けられないかもしれないし。

なので、例え捨て銭になったとしてもある程度の保険はかけておくべき、という考え方なのですが。

以前契約した時は初めてだったので営業担当の言われるまま過剰につけてる感は否めないので、見直しを検討中です。
少なくとも生命保険は掛け捨てに変えたいところ。
終身保険も見直そうか考えてはいるものの、今のところ払えない訳じゃないし貯蓄状況からすると助かると思うので、銀行に預けるつもりで継続でもいいかなぁ。


ちょうど異動によって残業手当が減る予定なので、早めに固定費を見直そうと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村